EMS 効果

EMSと筋トレの関連性

EMSマシンで運動(筋トレあるいはランニング)中に音楽は聴いてますか? モチベーションと効果を高めるため、長時間の有酸素運動を退屈にしないことからに聴いている方は多いのではないかと思われます。 そこでEMS効果について。

 

Bluetoothだから、EMSで転送するのも簡単便利です。音楽に合わせてEMSが筋肉を動かします。

 

私自身は、腹筋の筋トレ中にiphoneを活用しているのですが、ふと「EMSが与える運動(筋トレやジョギング)に対する効果はどのくらいなのだろうか?」といった疑問を抱きました。実感としては”音楽がプラスに作用している”かのように感じてますが、明快な根拠が欲しくなってしまうのです。

 

音楽+EMSで消費カロリーアップで効果を高めようというのが、このサイトのテーマです。

 

そのために今回は、音楽が運動に与える効果とポイントについて報告していきます。 音楽は筋トレ効果にとてつもない影響を与えます。とはいえ、必ずプラスになるといった面ばかりではなく、時によってマイナスに働くことを覚えておかなければなりません。音楽が与える運動効果に対する作用を正しく熟知して”賢く利用していく”ようにしてください。

 

音楽には筋トレのパフォーマンスを充実させることが検証されています。それは、「人が感知可能な情報には限界がある」という理由で、音楽によって聴覚を煽ることで”運動中の苦痛が軽減”されるためだと言われています。

 

腹筋の筋トレ中に音楽を聴くことに影響を受けて、苦痛という信号に鈍感になれることから、運動がきついという五感が減少するのです。逆に、運動中に耳栓や目隠しに従って”情報を遮断”したら運動中の苦痛が大幅に増加することもはっきりとしています。

 

これらのことから、EMSと同時に腹筋しながら音楽聴くという行為は「苦痛を紛らわせる」という効果があることが理解できますね。 筋トレ動作に慣れている場合、「音楽がパフォーマンス進化」になるのは間違いのないことです。とはいえ、新参者の場合、筋トレ中に音楽を聴くことに影響を受けてパフォーマンス効果が落ちてしまうことが想定されます。

 

その理由は、上記でも説明した「人間が感知できる情報には限界がある」ということとかなり関係しています。 筋トレ動作に慣れているエキスパートの場合、音楽によって”苦痛というデータを遮断する”というのは相当効果的なワザなのですが、新人の場合では、「筋トレ動作に慣れておらず、動作を確認しながら行わなければならない」という側面を持っていますので”有利な情報まで遮断”してしまい、パフォーマンス効果が低下してしまう懸念があります。

 

このせいで、”フォームを習得している、筋トレ運動”には音楽がプラスに作用するが、フォームが安定していない、筋トレ運動の場合にはマイナスに作用する懸念があると考えられるでしょう。。

 

筋トレ中に聴く音楽のテンポ・リズムは大変重要です。あっという間に「音楽のスピードに運動を応じてしまう」動向があるということが確認されていますので、ジョギングなどに於いては「知らないうちにペースを崩してしまう」ということになりえます。

 

また音楽には聴覚を刺激して”筋トレの苦痛を紛らわせる”効果があります。ただ、テレビや動画を見ながらの運動は”集中力が散漫になる”懸念がありますので配慮が必要です。

 

EMSで音楽が、筋トレの苦痛を紛らわせるのは、「人間が感知できる情報には限界がある」ことから聴覚を煽り立てることによって苦痛を感じにくくなるというもの。とは言っても、テレビやDVDによって視覚と聴覚を一緒に煽るということは、苦痛以外に”運動に求められる五感まで鈍感にしてしまう”危険性があります。ので効果も半減します。

 

EMSが音楽に合わせて、あなたの筋肉を勝手に動かします!

 

気になる部位にパッド貼るだけ!簡単に筋トレ出来ます!

 

↓↓今すぐ、クリック↓↓

 

Dancing EMS